2005年11月06日

岸学先生『SPSSによるやさしい統計学』(オーム社)

SPSSによるやさしい統計学
晴天の日曜日、恩師岸学先生から荷物が届く。岸先生の最新書『SPSSによるやさしい統計学』だ。

心理学を学ぶものにとって統計は避けては通れぬものの一つである。恩師から送られてくるということは「ちゃんと勉強しろ!」ってことにちがいない。

以前も書いたが、岸研卒業生はときどき先生に渇を入れられる。
前回お会いした際は「これからどうするつもりなのか?」と問われた。
「えー、まあそのぅ…いろいろと考えなければと思っているのですが…」とモゴモゴ言っていたら、
「そんなことしているうちにっ」と言い掛け、グッと黙られた。

先生、その先、わかります。
「そんなことしているうちに、ババァになるぞっ!」ですね。
統計はいまひとつよくわかりませんが、そういうことはよくわかるんです。
ババァになる前に決心しなくちゃ。
posted by トミナガ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | まじめに読む仕事の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

恩師に喝を入れられる
Excerpt: 仕事で徳島に行く。ちょうど日本教育工学会が開催中で、岸先生と向後先生にお会いする。 我が恩師、岸先生は温厚そうな見た目とは裏腹にせっかちで毒舌。 その毒舌ぶりは研究室だけでなく、教え子の結婚披露宴で..
Weblog: テクニカルライターT「きっといつかはバタフライ」
Tracked: 2005-11-11 14:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。