2005年09月23日

恩師に喝を入れられる

仕事で徳島に行く。ちょうど日本教育工学会が開催中で、岸先生向後先生にお会いする。

我が恩師、岸先生は温厚そうな見た目とは裏腹にせっかちで毒舌。
その毒舌ぶりは研究室だけでなく、教え子の結婚披露宴でも遺憾なく発揮される。同級生のT君は披露宴のスピーチで「覇気がない」と言われ、Kちゃんはその生命力の強さゆえ「人類が滅亡しても、ゴキブリとKさんだけは生き残る」という、ありがたくないご祝辞を賜わった。T君の同僚は怒るし、ゴキブリと同列に扱われた花嫁は力なく笑うしかなかったっけ。

さて、久しぶりにお会いした岸先生、相変わらずの毒舌。あの毒舌に打たれると、masochisticな快感に打ち震え、「もっとがんばらにゃあ」となにやらやる気になってくる。これぞ、岸研特有の変態体質!
いつの日かほめていただけるよう精進いたします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。