2006年11月18日

「実用文の書き方ワークショップ」受講

向後千春先生(早稲田大学)の「実用文の書き方ワークショップ」を受講。
「文章を書く」ということは、本来、個人作業である。それをどうやってグループ型のワークショップにするのか興味があり、受講した。

このワークショップでは、テーマの文章自体はそれぞれ個人で書くのだが、その作業過程をグループで共有する。共有することにより、互いに刺激を受け、良い影響を与え合うことができるようだ。

実際にグループの方々とそれぞれのテーマについて話すのは、「なるほど〜」と思うことも多々あり、私自身はとても楽しかった。「文章を書く」という、孤独で辛い作業が楽しく感じられた。受講生に「楽しい」「おもしろい」と思わせることもグループ型ワークショップの大きな効果だと思う。

今回の主催は「アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会」。同会は日本語教師の研究会である。ときどきあちこちのセミナーやシンポジウムで日本語教師の方々とお会いするが、とても熱心で優秀な人が多い。今回も50名ほどの参加者で教室がいっぱいに。次から次へと質問が出て、それもまた勉強になった。

以前、富山でお世話になった筒井洋一先生(現在は京都精華大学)、ディベートの太田昌宏さんにまたお会いできたのもうれしかったが、メールだけのやりとりだった、お茶の水女子大学の高橋薫さんに初めてお会いできたのもよかった。仕事のため、懇親会に出られなかったのがとてもとても残念。次回はぜひ!
この記事へのコメント
富永さん
お久しぶりでした。
いつ見ても魅力的なので、お顔を見てすぐわかりました。

私自身が、市民メディアやNPOをやりながら(日曜日は、世界情報サミットのインタビューをしてきた)、大学教育を専門にしているので、片手間といわれたらそうなのですが、どれも面白くてやめられない。

向後さんや日本語教師などと今後も共同研究をしていきます。

また、ご連絡を。
Posted by 筒井洋一 at 2006年11月19日 23:35
筒井先生、コメントありがとうございます。
先生は、富山の頃よりも若々しく、溌剌とされているようにお見受けしました。きっと、大学以外でも広くご活躍されているからなのですね。
私も一層頑張らねば! 今後ともどうぞよろしくお願いします。
Posted by トミナガ at 2006年11月20日 00:26
高橋薫@お茶大です。
いつも一方的にお世話になっています。

友人が「向後先生のブログからリンクをたどっていったら
あるブログに高橋さんの名前が出ていたよ〜」と教えてくれたので
遊びに来ました。

J社の○岡さんに
「冨永さんと会えるチャンスを作ってくださ〜い!」
と常々お頼みしていたのですが,
思いかげず研究会でお目にかかることができて
とても嬉しいです。
しかも一緒にグループワークを行うチャンスにも恵まれ
長年の片思いがようやく実ったような気持ちです。(;´▽`A`

次回は懇親会もぜひ!
Posted by 高橋薫 at 2006年11月20日 09:38
高橋さん、メッセージありがとうございます。私もずっとお会いしたいなと思っていたのですよ。

実は、ワークショップの翌日、J社の○岡さんと打合せだったんです。「高橋さんとお会いしました」と言ったら、「えっ、どこで? どうして?」とビックリなさっていました。

また次回どちらかでお会いいたしましょう。同じようなことに興味を持っているから、きっとまたお会いできると思います。
Posted by トミナガ at 2006年11月20日 22:12
Posted by 因京子 at 2006年11月27日 21:41
富永様、
 AJ研究会の向後先生のワークショップの帰りに高橋薫さんから富永さんの御活動のことをうかがい、ホームページを拝見してそのお仕事に心から感じ入りました。いろいろ教えて頂きたく存じます。勝手ながらよろしく!
Posted by ちなみきょうこ at 2006年11月27日 21:46
因さま、初めまして。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。最近、ほとんど更新しておらず、お恥ずかしい限りです。新しい教材をアップしましたら、またどうぞご覧くださいませ。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by トミナガ at 2006年11月29日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。