2006年07月22日

前期テスト終了

文教大学の前期テスト終了。

この授業を受け持って5,6年になるが、以前より成績上位群と下位群の差が広がっているような気がする。下位群は能力ももちろん低めなのだが、上位群に比べて「学習しようとする意欲」そのものが低い。「勉強するのがかったるい」という感じ。課題を提出しなければ加点されず、単位が危ないということがわかっていても、課題をじっくりと考え続けることができなくて、「もういいや」とすぐにあきらめる。

『下流社会』(三浦展)に書かれていることが大学にも当てはまるような気がする。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。