2006年04月03日

藤村裕一&授業改善プロジェクト『わかる!書ける!学習指導案』

わかる!書ける!学習指導案―一太郎で研究授業の悩み解決!授業改善のポイントと指導案作成支援ツール集
「学習指導案の書き方を変えることで、授業を改善できる」
昨年9月、徳島で本書の編著者である藤村裕一助教授(鳴門教育大学大学院)からこの話を聞いたときは、にわかには信じられなかった。
学習指導案というと、はるか昔、教育実習で書いたっきり。ほかの先生のものを参考にしながら、「本時の目標」だの「本時の進め方」などを書いたけれど、あの書き方を変えるだけで本当に授業が良くなるのだろうか?

そんな疑問を抱きながら本書の編集に参加した。執筆者は藤村先生のほか、現役の小学校の先生方7名。先生方の原稿を読むうちに疑問は少しずつ溶けていった。
“学習指導案の書き方を変えれば、授業も変わるかも”

本書は、『実例編』と『理論編』の2部構成である。

実例編では、6パターンの指導案のテンプレートを紹介している。テンプレートを使った事例もあり、それぞれの書き方を詳しく解説している。
特におもしろかったのは図表を多用していること。前単元・本単元・次単元の関係を表した図や、習熟度別学習の各コースの進め方を一覧で表した図などはよく出来ている(テンプレートを収録したCD-ROM付き)。

理論編では、指導案の先進的理論を解説している。実例編で紹介している指導案テンプレートは、実はこの先進的理論に基づいて作られたもの。理論を知ることにより、指導案に対する理解をより深く、確実なものにすることができる。

本書は、新卒の先生はもちろん、中堅の先生方の参考にもなるはず。私と同じく古い指導案で勉強した先生方、必見です。

(…って、宣伝みたいに見えますが、印税契約ではないので、この先何万冊売れようと私は無関係…)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。