2006年03月18日

指導案のワークショップ in 宮崎

宮崎にて学習指導案のワークショップを見学。
ワークショップ

実はこのワークショップは『わかる!書ける!学習指導案』という本の出版を記念して開催されたもの。本の執筆者は、鳴門教育大学の藤村裕一助教授と、熊本・宮崎・鹿児島の小学校の先生方7名。版元はジャストシステムです。不肖トミナガも編集として参加しています。

さて、今回のワークショップは、実例をもとにしたダメダメ指導案の問題点を指摘し、改善点を発表するというもの。1グループは4名で、経験1,2年目の先生からベテラン先生まで。

まずは、各グループで、ダメダメ指導案の問題点を付箋に書き出す。次にそれらをグルーピングし、名前を付ける。
グルーピング

グルーピングできたら、今度は順番付け。まず、悪いもの順に順位を書き込み、次にありがちな順に順位を書き込む。

たとえば、「目標設定」というグループは悪いもの順としては1位、ありがちな順としては3位という順位が付けられたとしよう。この2つの順位をかけあわせた数値(積)が「改善度」になる。改善度の数値が小さければ小さいものほど、「大変に問題であり、そのうえありがち」ということになり、改善しなければならないものということになる。

今回のワークショップでは、こうして問題点を絞り込み、それに対する改善策をまとめあげ、発表した。

作業時間は、メンバーの役割分担から発表用資料作成まで約1時間半。時間が短いように思われるが、長くしても結果に違いは出ないとか。逆に時間が短いがゆえに、集中力がアップし、中だるみすることなく、テンポ良く作業が進んでいたように思われる。

参加者の一人に感想を聞いたところ、
「ワークショップはとても緊張するし、疲れるから本当は苦手だけれども、今日のはとても楽しかったし、ためになった」

最初は不安そうだった参加者たちだったが、表彰式の頃は充足感と笑い声が会場内にあふれていた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。