2005年10月07日

家庭でも情報モラル教育−尾花紀子・高橋慈子 他『なにが危険なの』(岩波書店)

なにが危険なの? ホームページ・メール・個人情報「インターネットは危険がいっぱい。だから子どもには使わせない」という意見をよく聞く。
しかし、危ないからといって、いまの子どもたちが一生インターネットを使わずに生きていくのはまず不可能である。それなら、ちゃんと正しい知識を身に付け、判断する力を養い、危険を回避できるようになるしかない。この発想で始まったのが情報モラル教育である。

本書は保護者を対象とした情報モラル教育本である。
著者の尾花紀子さんはIT教育コンサルタント、日本IBMの教育ソフト「カルロ」シリーズのプロデューサーでもある。高橋慈子さんはテクニカルライター、私のもっとも信頼する友人の一人。そのほか、情報セキュリティ大学院の内田勝也助教授、元教員の杉原五雄氏も執筆者として参加している。教育、セキュリティ、ライティングのプロが協力することにより、実践的かつ読みやすい本に仕上がっている。

たとえば、「第3章 危険の見分け方」では迷惑メールの例や危ないホームページを見分けるためのチャート図が紹介されており、具体的で飽きさせないような作りになっている。
日ごろ、コンピュータ本など読まない人もこれなら気軽に読めるだろう。

なお、本書には続編がある。
第2巻『どうトラブルを避けるの?』(ネット体験・コミュニケーション術)
第3巻『なにができるの?』(ホームページ・情報活用術)

子どものインターネット利用、携帯電話利用に不安を感じている方にはお勧めの本である。

<補足>
情報教育の研究者である堀田龍也氏のホームページによると、主婦向け雑誌の『レタスクラブ』に家庭向けフィルタリングソフトの記事が大きく掲載されたとのこと。堀田氏も書いているが、この分野への関心が高まっているのかも。

堀田氏は現在、独立行政法人 メディア教育開発センターに勤務。拙著『パソコン名人になろう!』(サンマーク)の監修者。


posted by トミナガ at 20:40| Comment(2) | TrackBack(1) | まじめに読む仕事の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。